BLOG

ブログ

3人の男たちで、シヅマという演劇チームを立ち上げました。

同じ演劇の世界で何となく近いところに居ながらも、なかなか交わらずにいた3人が、演劇作品のレパートリーを増やして行こうと2年ほど前から話し合い、ようやく歩き始めたところです。
派手に「どーん!旗揚げしました!」なんてことが似合わない3人なので、手始めに“試演会”と称してイギリスの劇作家エドワード・ボンドの『赤と黒と無知』を上演いたします。


シヅマ #0 試演会
『赤と黒と無知』

作:エドワード・ボンド
訳:近藤弘幸
演出:辻井彰太

出演:佐藤拓之、辻井彰太(以上シヅマ)/佐藤晃子(演劇ユニット G.com

2019年12月14日(土)、15日(日)/21日(土)、22日(日)★各回25名限定
土日ともに開演14:00〜、19:00〜の2回 (14日は19:00回のみ) 計7ステージ

会場:株式会社ルーシー 5Fミーティングルーム
チケット:¥1,000 (11/17より予約受付開始)

詳細はhttps://shizuma.tokyo/へ。



この試演会、会場は劇場ではありません。
東京・新橋のとある会社の会議室をお借りしています。

演出上の理由もありますが、シヅマに継続的に関わっていただける出演者やスタッフ、サポートしてくださる皆様を広く募りたいという思いもあり、プレゼンテーションの場にしたいという考えから、ちょっと変わった場所を選びました。
なので、一度に25名ほどでいっぱいになってしまう会場です。
お早めにご予約いただくことをおすすめいたします。

今回、翻訳者である近藤弘幸氏のご快諾をいただき上演する運びになりました『赤と黒と無知』は、まだ東西の冷戦が続いていた1980年代に書かれた「戦争戯曲集・三部作」に収められています。
なぜシヅマがこの作品を選んだのか、そして私たちが今後どのような活動を考えているのか、そんなことも終演後の短い時間ではありますがお話できればと思っております。

シヅマ / 佐藤拓之、辻井彰太、鶴牧万里

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。